不動産投資のプロから見た、マンションのトラブル解決とは?

ノンカテゴリ

不動産投資のプロから見た、マンションのトラブル解決とは?

分譲マンションの管理

自宅マンションは、築20年になりますがそれなりに日々の問題があるようです。

理事会・総会・臨時総会などをして色々と決めているようですが、マンションの管理会社が大手で担当者が管理業務主任者とマンション管理士を持っているので重要なこと重大なこと以外は私は出席しませんし、担当者と少し話すくらいです。

音問題・ペット問題・自転車問題・バイク問題・来客用の車問題などなどあるようですが、昨年の大規模修繕工事に比べたらそうでもないようです。

規約にて決めている事項があるかないかと、今までの状況などを考慮する必要があります。

細かい話しも現理事の方、総会などに出席している方は、マンション・不動産を知らない方ですのである程度分かる方が話すとそうかなとなりますので、マンションの管理会社の担当者がマンション管理士を持っているのは大変助かります。

これからのマンション管理会社の担当者は、管理業務主任者にプラスしてマンション管理士を持って業務プラスして、知識・経験の少ない理事・総会の方に色々な提案が必要になってくるかと思います。

理事では、定期的に交代するのでなかなか難しいのですが管理業務主任者の資格を取って知識を深める必要もあります。

あとは、共通認識として理事会の役員は管理規約を読む事も必要です。これは、マンションのルールですのである程度分からないと今後どうしたら良いかの方向性・課題・対策を考えるには重要です。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ