不動産投資のプロが見た。売れる不動産、売れない不動産とは

ノンカテゴリ

不動産投資のプロが見た。売れる不動産、売れない不動産とは


不動産投資の動向


いつの時代も不動産投資の需要はあるものですが、この10年位前から世の中の流れが変わってきているように思います。

築浅の物件は、物件価格が高いのでローンにて購入、家賃収入で返済。

この10年位は、不動産投資の本がたくさん出版、FXなどの手軽に出来る投資、不景気で給料&収入が増えず、年金支給額が減りつつあるなどの状況が重なり潜在的な投資熱があり手軽に購入できる不動産投資が売買になっています。

副収入的なもの、年金的なもの、お金の運用として不動産投資をされている方が多いように思います。

新築のアパートをローンで購入の方もいらっしゃいますが、中古のアパート、中古のマンションなどもローンで購入の方も今でもいらっしゃいます。

それぞれの状況、今後の方向性で買い方&返済の仕方が違いますので人それぞれの対応&ご提案をしたいと思います。

不動産投資は、いかに空室にしない、満室経営をするかがポイント。

少しでも空室にしないで家賃を下げて入居してもらう。設備等の充実で、家賃アップ。室内に家具家電付にして、更に家賃アップなど色々と考えられます。

客層&需要を考えて家賃設定後、室内に手を加えることである程度、対応できるかと思います。

小さいワンルームを1つずつ購入して増やしていくか、同じマンションを複数購入して1つは自分で住んで他の家賃収入で補充していく方法もあります。

1棟ものを購入する時も同じ考えがあります。投資として1棟購入もしくは、1部屋は自分で使用。

色々な考えがあるかと思います。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ